憧れを現実にする日常
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
スポンサーサイト 
 --/--/-- -- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 2002/08/31 Sat 00:00:00
8月30日、B'zのライブ会場にて。

先ほど(というか昨日付けの日記)のとおり、こんなにキャパ大きいもの見るのは久々でした。
ちなみに、私は午後半休したんですけど、同じ日、同じシマの会社の同期も参加することが前の日になって発覚。ちなみにその同期は金曜日丸1日休んでました。同期が揃ってライブ休暇(笑)
そんな話が事前にあったので、もしかしたら、意外な知り合いに会えるかも☆という期待をちょっとしつつ行ったのです。
そしたら、なんと、その期待にそぐうことがありました!
ツアーグッズ売り場のすぐ脇で、高校のときの同級生に、卒業式以来の再会を果たしました☆
確かに、チケットとってくれた学生時代の友達は時々連絡をとっていたようで、全くの偶然だったといえばウソになるけど、それでもやっぱり嬉しかったな~♪
そんなコトでコーフンしていたのと、あまりの人ごみに、結局ツアーグッズは買えませんでした。でも、とてもコンサート会場で売ってるものとは思えないくらい、パンフレットは豪華だったなあ。

入場、開演前。以前B'zのサポートメンバーだった方の結成したバンドのデビューお披露目オープニングアクト(つまり前座)が、ずいぶん早い時間にありました。
もともとがサポートメンバーだった…って入場のときにもらったチラシにもあったので、盛り上がるものかと思っていたのですが…、そうでもなかったなあ。
最近前座のあるライブには全く行っていないので、よく知らないんですが、今ってそういうものなんでしょうか? かなり意外でびっくりしました。

だって…、そもそも私がB'zを知ったのはまっちゃん(って言うなですか?)がかつてTMネットワークのサポートメンバーだったから(遠い目)
まだ学生のころ、仲良しグループの中にTMネットワークの大ファンな友達がいて、それをきっかけにたくさんライブに行ったんです。
…初めて観に行ったのは日本武道館。(←ちなみに調べてみたら1987年6月(驚))最後に行ったのは東京ドーム。(←多分1988年8月。コレみてあまりスキじゃなくなった記憶があります。)
フツーなら、生で観たらメンバーの誰かのファンになったりするじゃないですか。
ところがそのとき私がいいなって思ったのはなぜかサポートメンバーの3人(笑)←ちなみにドラム山田亘さん、ベース日詰昭一郎さん、それからギターがまっちゃんでした。
TMのライブに行ってるのになぜかサポートメンバーの紹介のときに一番盛り上がる変なヤツでした☆
当時少ないお小遣いの中からみんなで交替にCD買ってまわしたりしたなあ(懐)
…で、その最後に観に行った東京ドームの頃、何かのときにまっちゃんが横国出身のかっこいいボーカリストの稲葉さんと自分のバンドを作ります。って紹介されたのがB'zでした。
おかげで私リアルタイムに最初のCD買ってるし☆
自分がかつてそんなだったから、前座のノリの悪さにかなり意外だなあって思ったんです。

かつては音楽バカだったはずの私なのに、社会人となってしばらくの間、音楽を聞くことができない時期がありました。
こんなにスキだったので、B'zのCDだって、時々聞いたりしてみましたよ。
でも、電車の中とかで聞こうとしてスイッチを入れると、なぜかとても重たく感じられていたのです。
今思えば、あの数年間はなんだったんだろう? という感じなんですけどね。

だから、前から知ってるクセにB'zとしてのライブを観るのは今回初めて、そしてまっちゃんを観るのはなんと14年ぶり!の私なのでした。
曲としては…、もちろん最新作もありますが、思ったより曲の新しさより季節性重視の内容だったのではないかと思います。
私が今まで多分回数としてCDを一番たくさん聞いていたのは、ライブでやった曲の中で一番古い曲だと思うし。
でも14年ぶりって感覚、実際に観たら全然感じませんでした。
たしかにまっちゃん老けたね太ったねとは思いましたけど(爆笑)
こんな私が感想を一言で言うなら、
”14年前のB'z結成の案内がうちに送られてきたあのとき、お小遣いケチらないでファンクラブ入っておけばよかった~(後悔)”、
でした。

※実はこのライブを観に行く前に、ちょっと事前に予習をしておこうかと思いいろいろネットで検索しました。
それで初めて知りました。
まっちゃん、もとい松本さんと一緒にTMのサポートをされていた日詰さんが昨年秋に亡くなっていたことを。
謹んでご冥福をお祈りします
-- 続きを読む --
スポンサーサイト
past diary |   |  edit
 2002/08/30 Fri 00:00:00
…な1日。
友達がB'zのライブチケット購入権に当選、そのおこぼれに預かる日。
ライブ会場は横浜国際陸上競技場、…東京下町在住の身としては、”行くだけで旅じゃん”ってワケで、それならいっそ1泊2日、アフターライブも楽しんでしまいましょうという日。

行くのも仕事してたら開演にあやういかもしれない…ので午後半休してして行く前も充実させよう!というコトにしてしまいました♪

おかげで午前中の半日の間だけでもいろいろあり…。
午前中で帰るとなると、仕事するにもなんとなくいつもとテンションが違う私。混み入ったことをするのはやめておこうと思う反面、うかれていて気分がいいのでその分調子がよかったり。前者は一人でやればいい仕事にあてはめ、後者は社内・社外にかかわらず誰かとかかわりながらしなくてはならない仕事にあてはめていました。
それから、来週からは別の事務所へ異動してしまう同期にエールを。彼女にとっては入社以来初めての異動。私はすでに同じ事務所内で2回もしてるけど…、やっぱり月曜日から何するか全然わからなくて、しかも事務所違うから、新しい先の雰囲気とかもあまり伝わってこない、それって不安だと思うもの。←コレに費やした時間が一番長かったかな。

お昼は同行の友達と待ち合わせてから東京駅のミクニ東京食堂へ。
ミクニでコース以外のランチメニューが900円~(だったかな?)とはかなりお得でした。しかも、どれも飲み物デザート付き。
折角なので1,300円の週替わりメニューをチョイス。友達は肉料理、私は魚料理を。さすがミクニだけにランチでありながら手が込んでいて、どっちも美味しかったです☆
ちょっと気になった?のは、飲み物が聞かれなくても食事の後に出てくるんです。しかも、飲み終わってからのんびりおしゃべりしてても全然コップ下げに来なくて長居できちゃう。確かに入店時間は13時半を過ぎてはいたんだけど、東京駅だから列車待ちの人もいるって配慮かもせれないけど…、でも、ここってお昼休みちょっと出遅れたらものすごい待たされるかも、って思ってしまいました。

その後、新横浜へ移動し、チケットとってくれたもう一人の友達と合流。
暑いのでそのままホテルにチェックインしてしばらくまったりしてから会場の競技場へ。これだけキャパの多いのを見るのも久しぶりだったなー。
ライブの後は熱さ? 暑さ?をそのまま引きずろうとなぜかもんじゃ焼き屋さんで食事をしてから12時ごろホテルに戻りました。
帰りの電車を気にしないでアフターライブを満喫、これっていい!と改めて実感しました☆
ちなみにもんじゃ屋さんもホテルもほとんど同じような人たちばかりだったなあ。

翌31日は11時のチェックアウトぎりぎりまでのんびりし、ラーメン博物館でブランチ。ちょっと早めだったので混む直前にラーメン食べれてよかったです。
それから、元町をちょっと散歩して帰りました。

ライブにまつわる話はまた改めて。

past diary |   |  edit
実は私… 
 2002/08/29 Thu 00:00:00
運動オンチなんです(^_^;)
なんかこういまひとつセンスがなくていつも振り向いてもらえないというか…(汗汗)

のくせに、うちの会社って健康のためにスポーツ重視。
ボーリング大会とかマラソン大会とか奨励してみたり。
とてもそうは見えない人もたくさんいるんですけど、よーく話を聞いていると体育会系出身率がよその会社より高いような気がする。

昨日28日、今日29日は会社の人とイベントでした。
28日は、女性総勢6人で水と油”スープ”を観劇。
といっても私の見慣れてるいわゆる”演劇”ではない。初めての”パフォーミングアート”でした。
パントマイムだと聞いていたんですが、マイムとダンスとお芝居を足して3で割ったようなもの。
高校のときの部活の顧問の先生は”芝居というのは「四倍」だー”とよく言っていたのですが、コレはセリフがない分ストーリーを5倍も6倍もとにかく体で表現。その真新しさに目からウロコでした。
で、帰りにお茶して帰ったんですが…、そんな動きの激しいのを観た後のせいなのかダイエットとかシェイプアップの話に大盛り上がり。
よく通販とかで売ってる健康器具とか実は密かに買って使ってみちゃう人とかいるんですねー。
うーんそうした自宅トレなら内緒で体力つけることできるか!?なーんてちょっと思ってしまいました。
そうそう、ア○ドロ○○クは実際に使ってる人、使ってる人を知ってる人はいなかったです。(余談)
29日は部内にココ最近異動してきた管理職と女性とのお食事会。
やっぱりスポーツクラブの話だとか、体格のいい何とかさんは実はラガーマンだとか、週末は何のスポーツしてるかだとか、そーんな話満載。

もちろん話には加わっているんだけど、運動オンチとしては内心肩身が狭かったりしてるんだよな~。
まあ嫌いで絶対やりたくないとか思ってるわけではないし、ちょっと体を動かしたいときだってもちろんありますよ☆
とりあえずストレッチだとか散歩だとかしてみようっかな~。
しかし!今スニーカーないぞ(苦笑)

-- 続きを読む --
past diary |   |  edit
 2002/08/27 Tue 00:00:00
ちょうど2年前の今日、2000年8月27日。
私は、ある試験を受けた。
その頃、私は精神的にも肉体的にもかなり弱っていた。
会社はちょうど忙しいときで、部内全体が定時10時、残業は…、の毎日。
当然、人間関係的にもぎすぎすしたものに。
一応、試験のためのスクールに休日は通っていた。
直前期だからと、土曜も日曜もあったかも。で、毎回テストもね。
会社がそんな状態のときだったから、
会社帰ったら疲れて寝ちゃう→試験勉強なんてできない
→成績が下がる→心の中で、会社も、自分自身も責める
→人間関係がそんなだからどんどん追い込まれて行く
→で、それを振り払おうとするんだけどやっぱり疲れて体が言うこときかない…
の悪循環。
体調崩して、めまいが止まらなくなって、薬にも頼った。
その日、試験の最中も、途中で頭痛がして、とにかくつらかったのを覚えている。
だけど、自分で決めて受けようとおもった試験だったから、ちゃんと今最後までその気持ちを貫きたい、それから、これをこれからの自分に生かせるようにしたい、その気持ちだけでその時間を終えたような気がする。
おかげで、結果は運だけでなんとかなっちゃったようで…。

2002年8月27日15時30分過ぎ。天気:お天気雨。
比較的窓に近い席に座っている別のシマの課長が、虹だ虹だ☆と皆に声をかけた。
ちゃーんと半円形に弧を描いていて、色もはっきりきちんと7色見えた。
そのはっきり大きく出た虹の上に、さらにひとまわり大きくて、うっすらとした虹ももうひとつ出ていた。
これだけキレイに出た虹を見たのは初めてだなー。
そしたら、その課長、虹がちょっとかかっているビルを指して、”あのビルに登ったら虹さわれるかなあ。”
思わず、隣の席の同僚に、”なーんか、ガラになくファンタジーなこと言っちゃってるよお♪”って言っちゃたんだけどね。

2年前のあのときの気持ち、後半部分は、今私はちゃんと実現しようとしているかな?
あの日をスタートラインにして、進む方向は決まったのかな?
虹の向こうに、その答えがあるような気がした。
そのファンタジーさをちょっと借りるなら、ね。

-- 続きを読む --
past diary |   |  edit
 2002/08/26 Mon 00:00:00
ノドとハナにまだカゼ菌が残っているみたいなので、再度会社の近所の病院へ行った。
再度ノドの消炎剤と咳止めなんかをもらってきました。
会社の産業医の先生が毎日いるわけではないので、私は結構ココを利用しているんです。

ところで、この先生が私たちの間ではかなりの名物センセーになっていて(笑)
まさに、おじいちゃん先生☆って感じ。
確かに結構お年を召されていらっしゃるんですけれども。
「あー、こんなにノド腫れちゃって~、タイヘンでしょう。お薬ださなきゃね~」
…まるでおじいちゃんが孫に話し掛けるような口調の診察。
最初具合が悪くなって行って診察して薬をくれる時には、必ずカルテの前の方を見て、
「めまいがしたり蕁麻疹が出たり、お薬強すぎて胃がおかしくなっちゃったりしてるねえ。…じゃああんまり強い薬じゃないほうがいいねえ」。
で、その”弱め”だったせい(?)で4日分の薬で完治しなかった今回はというと、
「ごめんねー。ちゃんと治らなかったねえ。お薬替えようねえ」。
なんだかもー、気分は”孫”です、ほんとに。
極めつけは、診察が終わった後でほとんど毎回必ず、看護婦さんに
「○○さん(←私に限らず呼ばれる)、もう一度診察室へ」
と呼ばれます。
普通そうなるとなんだろうなんかマズいことでもあったんじゃないかと思うじゃないですか。
違うんですよこれが♪
「こんなの使うかな? お土産あげるからね☆」
と言って引き出しの中をごそごそとやって製薬会社が宣伝用に置いて行くグッズをとにかくたくさんくれる(笑)
キャラものだとか文房具だとか。
それも”キャラもの”に限っては不思議と1回くれたものはくれないの。
以前はケロちゃんコロちゃん(両方を形の違うのを2種類くれた)とイ○ジンのカバのキャラの人形をもらったなあ。
カルテの端の方に”何をあげた”とか書いてあったりして。
そんななので最近は文房具が多いかなあ?
今日は”カゼが長引いたお詫び”ってボールペンと付箋とクツ磨きとなぜか携帯ストラップの大盤振る舞い☆
もちろん、その病院から会社に戻れば、今日は何をもらったか報告会が催されます。
で、その先生にかかったことのある人もない人も癒し系おじいちゃん先生のトリコになっちゃうんだよね。

-- 続きを読む --
past diary |   |  edit
 2002/08/24 Sat 00:00:00
青山円形劇場に”おじいちゃんの夏”を観に行った。
こどもの城×G2プロデュースファミリー公演。
出演・小須田康人、武藤陶子、廣川三憲、佐藤真弓、高木珠里、一倉梨紗、及川直樹、宮吉康夫、小沢真珠(パンフレット順)。
子供もOKなだけにこれで3,000円は安い☆

私が子供の頃に学校から連れて行かれたお芝居?ミュージカル?といえば劇団四季の”エルリック・コスモスの239時間”。
(余談ですがその連れて行かれたときが初演だったようです。)
確かエルリック・コスモスという名前のロボット(もちろん生身の人間がその役)が、電池が切れるか何かで動けなくなるまでの239時間という限られた時間の中で子供たちに優しい気持ちを教えるとかいったような話。

”おじいちゃんの夏”まあそれに近いテーマではあるのですが。
…おばあちゃんの死によって惚けてしまったかつて大学教授だったおじいちゃんが、お父さんのリストラとお母さんの借金という家族の危機を乗り越えるため、クイズ番組に出演しようとする孫の頑張りをきっかけにして、夏休みのある日記憶を取り戻す。おじいちゃんと孫、ひと夏の間に家族の危機を乗り越えることができるのか、またおじいちゃんはおばあちゃんの遺言を思い出すことができるのか…、というお話。

子供対象、となっているにもかかわらず、大人だけで観に行っても入り込める内容でした。
現に親子連れより”お芝居観に来ました”っていうお客さんのほうが全然多かったし。(←私もそうでしたけど)
場所と内容・演出のせいもあったのか、舞台と客席もとっても身近に感じられて、出演者と値段の割りにはかなりおいしいお芝居でした。
もちろん、小さな子を連れた親子連れもいましたよ。
おかげで?お芝居には珍しく(??)開演時間ぴったりにはじまるし。
面白かったのは、食事の場面、煙草を吸う場面、線香花火をする場面…普通のお芝居だったら、あくまでも”演技”だけじゃないですか。
それを、舞台の上で本当に食べたり火をつけたりしちゃうんです。
やはり子供には通用しないからでしょうか?でもそれがかえって新鮮に見えたりして。
観客のお子様たち、たいていは途中で飽きちゃって騒ぎ出したりするじゃないですか? たまたま私の見た回がそうだったのかもしれないけど、皆おとなしくお芝居に引き込まれていたのもびっくりでした。
こどもって正直だなー
-- 続きを読む --
past diary |   |  edit
 2002/08/23 Fri 00:00:00
今週頭くらいからノドがいがいがしていた。
仕事でしょうがなかったのもあって、20日に残業したら、これは悪化するかも、という状態になった。
23日24日にはずらせない予定があるので、何としてでも22日で治す!の意気込み。で、まだ熱が出たわけではないし普段なら放っておいてしまうレベルではあったが21日午前中に仕事をちょっと抜け出して病院へ行った。
ところが風邪薬をお昼から飲み始めたものの、すぐには効果が出ず、結局21日夜時点で熱がでていた。(で、日記は更新のみで寝てしまったのです。)
22日の朝になっても、熱は下がらない。寒気するし。
ただ、今日ハンコおろさないといけない仕事があったので、とりあえず会社へ行き、それだけやって午後は半休にして帰宅、とにかく、寝た。
夜くらいから熱は下がり始めた模様。
で、今日23日、熱は下がり、会社へ。朝から”カゼっぴきにつき本日開店休業”宣言。(決して仕事しないワケではなかったですけどね)
…は~、おかげでノドもハナもつらいけど、なんとかだるさもとれて動けるようになったよ、ほっ。

23日24日にずらせない予定…。
そりゃ、食事とか飲みとかだったらずらしますってば。
23日にしか行かれる日がない映画のチケットがあったのと、
24日にすでにチケット手配済みの芝居があったから。
私ってほんと最近エンタメバカだなあ(-_-メ)

@@@@@@@

すっかりカゼ声でありながら、この前シティリビングの懸賞で鑑賞券当たった映画を観に行く。
”ネイムレス(邦題・無名恐怖)”@俳優座シネマ。スペインのホラー映画。
だってさー、俳優座、普段日曜休映おまけにレイトショー1回上映なんだもん。23時半に映画終わったら、場所が六本木なだけに終電間に合いません。かえって高い映画になっちゃうじゃん。
それが、24日までは19時10分~という回がある。
これはカゼ引いてたって今日行くしかないっしょ★…となぜか朝よりちょっと元気になって観に行ったのです。

内容を案内から抜書きしてしまうと…。
出版社で働くクラウディアのもとに、ある日1本の電話がかかってくる。「ママ、あたし生きてるの。助けに来て」---それは、5年前に誘拐されて殺されたはずの娘からの電話だった。クラウディアは退職した刑事マセラとともに、娘の行方を捜し始める。やがて、捜索の過程で“ネームレス”というカルト教団の存在が浮かび上がってくる。“ネームレス”と娘の関係を調べていくうちに、2人は想像を絶する恐ろしい事実に巻き込まれていく…。

先にこれ見てから映画館に行ったし、冒頭の娘の遺体の発見される場面では変死体で出てくるし、それは最後どうなっちゃうんだろうという恐怖感覚悟でした~。
顔を手で覆いながらも指の間からスクリーン見ちゃうような。
映画の展開に合わせた感想を時系列であらわすと以下のとおりです。

怖いかな怖いかな
いや、これは怖い!
怖い? うん怖い怖い。
怖い
怖い…



…?

??
???
????

すいません意味がよくわかりませんでしたっ!
だって~、超ラテン系エスパーニャ、顔が濃すぎて一部登場人物の区別つかず(>_<)
バーで男の人が二人で話すシーンがあったんですけど、同じ顔が会話してるように見えた~。
そして、カルト教団、難解すぎてワケわからず。
ラストで何故そうなるのか私には理解不能。
そりゃあもちろん音楽とか映像とか、
殺すとか殺されるとかそういうのはおどろおどろしくって怖いんですけどね。
私ってホラー映画向いてないのかなあ。

-- 続きを読む --
past diary |   |  edit
ムカつく酔っ払い乗客 
 2002/08/20 Tue 00:00:00
急ぎの仕事があったので、気合を入れて残業した。
10時ちょっと過ぎに退社。
この時間帯ってちょうど遊んで帰った人たちも帰りの電車の中で一緒になりますよね?
自分が食事して帰るときって、あんまり感じないんですけど…、残業帰りって酔っ払いの悪行ってかなり腹たちませんか?
…今日もそんな気分でした。
ううん!今日のは人間としてもサイテーだったんです!(思い出すだけでも激怒)

私は、ちょうど電車のドアの角のところに立っていたんです。
問題のヤツは後から乗ってきて、足元もおぼつかないで、ヒトの立ってるほうに倒れてくる。
当然、寄りかかって足を踏まれないように膝を曲げて突き出すようにして、さらにバッグでなるべく近寄らせないようにガード。
…なんだけど!ミュールはいてて裸足状態のつま先を踏まれたんです!しかも、2回も!
私も思わず内心”1回だけならまだしも2回も~、きーっ”と思わず、「痛っ!!!」と言ってしまいました。
地下鉄で、しかもCD聴きながらだったので、もしかしたら私が思ってるより大きな声だったのかもしれません。
その酔っ払い、もしかして、それで、怒った!?
当然(?)すいませんの一言はなし。
それどころかー!(むかむか)私より手前の駅で降りて、ホームに出たとたんにツバ吐いたんです!!
一応、その駅って降りる人たくさんいるんだよ、何様のつもり!?…と私がおもったその瞬間…、
その酔っ払いの吐いたツバが、ドアの近くにたまたま立っていたからと一度ホームに出た女性のバッグに!
なのに、酔っ払いときたら、ツバ、吐き逃げですよ吐き逃げ!(きーっ!!)
そうやって、他人に迷惑をかけるようなお酒の飲み方をするのって許せない!
まさに、車内で放送されている”迷惑行為はやめてください。何かありましたら駅員まで”の迷惑行為に当たると思うんですけど。

なのにその女性、文句も言わずにティッシュ出してバッグ拭いてました。(布製のバッグげはなかったのが幸いだったのかもしれない)
私がその女性の立場だったら、絶対文句言ってるのに。

-- 続きを読む --
past diary |   |  edit
 2002/08/16 Fri 00:00:00
会社は休んで、ミュージカル”魔法の黄色い靴”観に行ってきました。
チューリップ30周年記念公演とのことですが、念のため…私はファンじゃないです。逆によく知らない、というのが正直なところ。生まれた頃の話なので…、多少テレビで曲がかかっているのを見た(聴いた)ことがあるくらい。
なのでちょっとキツいこと言ってしまってもそれは許してください_(_^_)_

あくまでも脚本自体は実話ではないので話が全くわからないということはなかったです。
内容はデビューの決まった大学生が、新たなメンバーを誘い、夢を持ちながらも迷いながらも東京に出るまでの物語に家族の話を織り交ぜたもの。
でも…音楽ファンのあまりお芝居見ない人にも、子供にもわかるような話にしすぎたせいなのか、脚本そのものがいまいち物足りなかったなあ。
アドリブなのか脚本がそうなのかわからなかったけど、何もここでそんなに笑いとろうとしなくたって…、って思ったところもあったし。観てて最初のうちは面白かったんですけど、だんだんしつこいよ!って思っちゃった。

でも出演者の個性は光っていたと思います☆
正直言ってCAST目当てでしたし~。しかも脇役目当て。
発砲の平野くんじさんが出ているんだもの☆
他にも、キャラメルボックスの篠田剛さんとか出てるし!
どうしてもそういった方々の方に目が行っちゃってました。
篠田さんの役の濃さにくんじさんの特技の演奏シーンに…。
伴美奈子さん(扉座)にも引き込まれました☆

ちなみに主演は山本耕史さん・河相我聞さん・遠山景織子さん・大山英雄さん・伊藤高史さん・原史奈さん。
伊藤高史さんは、昔チューヤンとヒッチハイクしてただけに(笑)見れるの楽しみにしてたんですけど、主要登場人物扱いなのにこんな役なの?もったいない! とちょっと思ってしまいました。
あとちょっとミーハーなこと言ってしまうと…遠山景織子さん、とても1児の母には見えなかった。
主にテレビで活躍してる俳優さんって舞台で見るとなんか雰囲気違うな~って改めて思いました。

#ところで、お芝居に限らず、映画とかコンサートとか行った話を、ここで日記に書くとき、どこまで内容を公表していいんでしょう?
とりあえず私は”ちらし”レベルまでの内容だけ書くようにしてるのですが…。
どなたかご存知ですか?

-- 続きを読む --
past diary |   |  edit
 2002/08/14 Wed 00:00:00
会社帰りに今度のレディースデーの時には絶対観るぞ☆と約束をしていた”ピンポン”を観に行ってきました。
確かに1,000円で見られるとはいえ、まずチケット買うのからスゴいのなんのって。
キャパ少ないから(←なーんと150席ですよ、銀座テアトルシネマ!狭いっちゅーの!)、映画館に直接集合、順次18:45~のチケット購入、って約束してたんだけど…、17:30、まだ会社でないうちからメールが。”もう18:45売切れ!ど~する?”と。
もちろん、最終回21:15~のチケットを先に買っておいてもらい、映画館に駆けつけました!
原作のマンガは読んだことないんですが…、単なる学園スポーツモノだと思っていたんですが…、はっきり言って面白かったです。すっかりハマりました☆
最初のうち、この人気っぷりは”恐るべし窪塚洋介”って思ってたんですが…、他のCASTの個性も、濃い!
ちょっとクドイくらいがまたストーリーと合ってたように思いました。
あと音楽もなかなかよかったと思います♪
ちなみに私は”スマイル”ARATA氏に惚れてしまいました☆←ミーハーバカ(笑)

-- 続きを読む --
past diary |   |  edit
まったり同期会 
 2002/08/13 Tue 00:00:00
ふだんめったにやらないのに珍しく,7人で暑気払の同期会をした。
エスニック系のお店,しかも暑気払ってコトで,熱くラテン系でいきましょう☆って予定だったんだけど。
いざお店に行ってみると,人数が多かったのもあって,1コーナー一段高くなっている席。しかも結構椅子の座り心地がよかったりして。
おまけに幹事くんはまったり癒し系キャラときてる。
前半はメニューのアルコールの度数で男性陣は飲み物選んでたりして,みんなこわれる?って雰囲気もなくはなかったんだけど…。
後半はお店の雰囲気と幹事くんのノリにすっかり全員同調してしまい,”まったり~”となってしまったのでした。
集まり的にはもちろん面白かったけど,暑気払って雰囲気はどっかに行っちゃったよ~。

-- 続きを読む --
past diary |   |  edit
パスポートの更新 
 2002/08/12 Mon 00:00:00
昼休み。
気がついたらすっかり期限の切れていたパスポートの更新に外出した。
とりあえず、コレをなんとかしないことには夏…いやたぶん秋休みか、の予定も立てるにたてられないしねぇ。
こんなとき旅券課に歩いていかれるなんてなんてありがたい所にあるのやら☆
今お盆に日本脱出をしようとしている人は今更更新ってのもないし、すいてるだろうと、昼食を済ませてから
”ちょーっと行ってきまーす!”
と出かけた。
…出かけたはずだった。
なのに!
なぜ? どうして? 90人まち~!!!!!
しかしだからといって出直してくるのもバカらしい。
携帯から”遅れます”の電話1本で待ってしまうことに。
で待たされたくせに手続きはわずか3分もかからず。
結局会社へ戻ったのは1時半。
待ってる間眠くて眠くてしょうがない(=_=)
その眠気は会社に戻っても治まらず。
全然やる気おこらなかったわ。

-- 続きを読む --
past diary |   |  edit
ぷち模様替えと大掃除 
 2002/08/11 Sun 00:00:00
前から使いづらいと思っていた家具の配置換えに着手!
本棚の中身を出して動かして、空いた場所にチェストを置いて…
ただし本棚を置きたい先にあるのは、隣の部屋に運び出したい洋服ダンス。
これはちょっと一人ではムリなので家具の移動は今日はここまで。
次の週末へ持ち越し。
出しっぱなしの本棚の中身、雑誌とかじゃないから簡単にはいかないけど、元に戻すまでに少しリストラできたらいいなあ。
それから、チェストを動かしたついでにクリーナーで拭いてみたら、見た目普通なのに結構汚くてびっくり!
クリーナーをせっかく出したのでついでにイロイロ拭いてみました。
気がついたら拭きまくってました。
なんか部屋が垢抜けたようでちょっと気持ちいい♪
今日は全然出かけなかったのにすごい有意義な1日でした!

-- 続きを読む --
past diary |   |  edit
祝☆ADSL開通 
 2002/08/09 Fri 00:00:00
昨日8日、帰宅したらASDLのルーターやらレンタル機械が届いてました。
そうだ9日が工事だったんだ、なんだか買ってきてこれを接続しないといけないらしいけど、一体何を買ってくるの???
と残業帰りなのに取説読んだりして超夜更かし。
かなり時間がかかって、LANカードとケーブルが必要って書いてあるけど、私はケーブルだけあればいいって理解。
よかったわ先走って余計なモノ買ってこなくて。

で、今日帰りに寄り道してLANケーブル買ってきたんです~。
なにもこんな夜10時から接続しはじめなくても、と思いつつもやりはじめちゃいました♪
とりあえず今の電話線はずしてルーターつないで…失敗。
なんでだよ~●×△■※
よーく考えたらうち電話線にドアホンくっつけているので、ドアホンの大元からつながないとダメなのね~(+_+)
と!やっと2回目で接続成功☆嬉しい~@@@

と嬉しさのあまり試しにつないでるハズがこんな日記書き込みまくりなのでした♪
おーい、この”とりあえずつないでみただけで見た目全然美しくない配線”とこの周りの散らかりっぷりどーするよ>自分

-- 続きを読む --
past diary |   |  edit
 2002/08/04 Sun 00:00:00
学生時代の友人Pの友達のSちゃん(もちろん,何度も一緒に遊んだことあり)から,またもや”思うところあるから集合!”と招集がかかって,3人で東京大神宮へ行くことになった。
お参りしておみくじしてお茶して食事して帰る,っていうのが基本のコース。
お茶と食事は目下神楽坂界隈を開拓中。
カフェなんて、どこに入ってみてもいい雰囲気のお店ばかりです。
本日はちょっと路地に入った本場フランスのクレープのお店へ。フランス人の店員のお兄さんがステキ♪でした。

この前はおみくじ引かなかったんだけど,”最近出会いもないしー(-_-))と恋みくじを引いてみた。
このおみくじ,女の子のモチーフになっていてなかなかかわいい。
今まで全然気がつかなかったんだけど,この女の子の顔が一つ一つちゃんと表情が違うのにびっくり!
おみくじの箱の中から,ぱっと見こんなに”お目々ぱっちり”なのは他にはない!っていうのを選んでみた。
結果は…こんなにいい内容初めてだよ!ってぐらいのことが書いてあったのに,なぜか中吉。
う~んこれは何かいいことありそうだぞお☆
そういえば,このおみくじの種類では大吉って見たことないなあ。下り坂にならないためにわざと?
でも今度はさらに上を目指して大吉狙いしたいものです。


このとき、いつもあんまり遅刻をしてこないPが”ゴメン遅れる!また連絡する!”の一言だけで1時間も遅刻してきた。
最初のうちは,Sちゃんと”ダブルブッキングでもしてんじゃないのか~”とふざけていたが,後で問い詰めると,本格的にうち出ようと思って見に行ってよかったから契約してきた,とのことだった。
なぜ”本格的”なのかっていうと,彼女,今は3ヶ月限定の予定でマンスリーマンション住まい。病弱なお母さんと二人暮らしだから,長期的に家出ることできないし,チャンスはそのお母さんがそんなに具合の悪くない今しかないって踏んでたんだって。
確かに今も週末は必ず帰っていたけど,それが,やっぱりもうすこし離れていたくなったって話。
いざ借りてみようと思えば結構すぐ話決まっちゃうよ,なんて言ってたなあ。

###########

話しは変わって,会社の,例の病欠中の後輩のこと。
彼女は結局7月31日付で退職した。
休み始めたあの日以来,一度も会社に出てくることのないまま…。
退職にあたっての事務的な話のために,連絡とった人もいたんだけど,私はそういう窓口にはなっていなかったので,長時間の外出ができなかったとしても,体調がよくなっているのか,ある程度元気な様子なのかどうか,それもわからないままだった。
8月1日,彼女の私物と退職に関する書類,それからそこに同じシマのみんなでカードと送別品を入れて,荷物を送った。
カードには,今までの自分をリセットして,今日から新生活を送り始めている彼女への新生活の門出を祝して。

###########

そもそも,前からうちを出たいって連呼しているのは私のほうだった。
駅から家までが遠くて不便,というのも確かにそうなんだけど…。
ちょっと事情があって,自分の部屋を前使っていた部屋から今いる部屋に替わってから,自分一人になれる居場所がないっていう違和感があった。
オヤの家なんだから,ある程度のガマンを強いられるのは仕方のないことなんだけどね。
この”違和感”と,それから,生ぬるさにつかってはいられないよな,って気持ちが,私の中にはある。
でも今まだ引っ越し費用が捻出できないんだよなあ,それに今はまだないんだけど,住宅手当が会社から出るようになってからじゃないと,とても家賃払えないんだよね。今準備
段階でものを減らそうと頑張ってはいるんだけどさ。
確かにそれも事実には事実なんだけど。
結局は後輩嬢やPちゃんのように思い切ることができないってことなんだよね。
そんな自分が、ちょっと情けなくなった。

-- 続きを読む --
past diary |   |  edit


copyright © 憧れを現実にする日常 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ

template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。