憧れを現実にする日常
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
スポンサーサイト 
 --/--/-- -- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 2003/10/27 Mon 00:00:00
前にいた営業部で一緒だった同期のあっちゃんに手下ができた。
いままでは新人では営業は無理だからって配属されなかったのだが、この4月に珍しく新人が配属になったのだ。
採用担当も”いいコだよ~”という期待な(?)彼。
新人研修の初日に緊張したのか倒れてしまった(らしい)繊細な彼。
あっちゃんはその指導係。

営業で契約を締結するというコトは、当然契約書が存在するワケです。
ちゃんと契約させるためには稟議を決済させたりなんかするワケです。
たとえ営業であっても。
その契約書、ときどき電話帳よりも分厚いものもあったりして。
稟議のためにその分厚い契約書の用紙をぜーんぶコピーをとらなきゃいけなかったりして。

ある日、あっちゃんから内線がかかってきました。
”契約書の大量コピー至急とらないといけないんだけど、ウチの部のコピー機こわれちゃって。貸して~。
そうそう、私これから外出だから、今から刺客を送るから。
同期のあゆむに言えばわかるようにするって刺客には伝えるからよろしくね~”
やってきた刺客は件の手下くん。
ヒジョーに礼儀正しくわたしのところにやってきて”コピー借ります(__)”。
その日は黙々とコピーをとり帰っていかれたのでした。

ところがまた別の日。
その日はなぜか電話が多く、私は応対しっぱなしだった。
受話器を持って相手と話していると、また手下くんが分厚い書類を持ってやってきた。
その辺にいる誰かに軽く声をかけ、またひたすらコピーをとる手下くん。
”あー、またあっちゃんの部、コピー機壊れたのかー。
忙しいときほど壊れるんだよねー、かわいそうにー”
と内心思いながら電話をする私。

電話の内容は忘れてしまったが、ちょっと長めだったと思う。
受話器を置いて、書類を取りに行こうと席を立とうとしたところ、手下くんと目があった。
目があったというより、コピーの傍らで手下くんは私の電話が終わるのを待っているかのようだった。
”すみません!またコピーお借りします”
コピー機借りにきたときにほかの人に声をかけていたにもかかわらず…

…(-_-;)
私はウチの部のコピーの番人でも、もしくは敵に回しちゃいけないようなヤツでもないぞーーーー!
あっちゃん手下くんに私のことを何て言ったんだよ、おい。

-- 続きを読む --
スポンサーサイト
past diary |   |  edit
 2003/10/23 Thu 00:00:00
今日昨日とわたくしヒジョーにモテまくりました。
…ただし、会社でです…(悲)
鳴りっ放しの電話、席をハズしたと思ったら電話メモが増えてる!!
要件といったら”ココに押すのは自動印でいいんですか?”…(-_-;)
(↑いやそればっかりではないんですが)
そのうち上司から、
”職安に提出する書類(←その上司が相手に提出するように指示した)の書き方聞かれてるんだけど、
よくわかんないから答えて~”…(>_<)
隣の課の担当者からは、
”支店に保険料の金額確認させたいんだけど、どう指示したら…”…(@_@)
このくせさっきの上司と面接すりゃ
”僕しかわからないのも困るから、総括的なことをそのうちやってもらいたいんだよね~”
…(*_*)これ以上増えた分他減らしてくれるんだろうなぁ!!!!!
折角先週リフレッシュしてきたのに吹き飛んでしまいました。

先週は、コレまた会社の行事なのですが、ラクーアに行ってきましたの☆
…ってかいい機会だったんで、無理矢理いきますた。キャンペーン期間中だっつーのに(しかも2日目。わはは)
さすがに温泉にいつまでもつかるのははばかられるので~。
まずはジェットコースター2連発!!!!!
水の中に突っ込むヤツと、異常に高いトコから観覧車と建物に突っ込むヤツ☆
うきゃきゃきゃきゃ~!!!!
…と意味不明に盛り上がってしまひました。
高いほうのヤツは、ぶっちゃけ夜景フェチにはお勧めです☆
出発していきなり相当高く上りますがそこで!怖がってないで後ろを振り返ってください!!!
ナイスビューが味わえますよ~☆
…だけど、いくらジェットコースターファンでももしかしたらデート向きではないかもしれません。
知らん間にトンデモナイ写真撮られてますた…(>_<)
そのあとは図々しくサウナ&温泉へ~。
そりゃあちっとは遠慮して全部のサウナをちょっとずつ素通り&温泉は足浴のみでしたケドねぇぇぇぇー。
しかしあんだけイモ洗いな露天風呂は初めて見ました。
会社行事だったので22時撤収でしたが、金曜夜から朝までいるのが一番いいかもな~。

-- 続きを読む --
past diary |   |  edit
 2003/10/17 Fri 00:00:00
16日。
G2プロデュース”一郎ちゃんが行く”観劇。
そーいへば昔(というか大昔)、
バラエティー系テレビ番組かかなりマイブームになったコトがあったが、
何気に出演してる升毅の生舞台って観たコトないんだった。
と思い立ってふらっと観てきました。
テンポはあってまあまあこんなモンかなっ!という内容。
脚本的にはもう少しスリル感のあるほうが私は好きだと実感。
あーそうだ、相手役がね…。
さとう珠緒だったんだケド、あまり舞台向きではないような気が…。
ぶっちゃけ、この前観に行ったジャニーズ劇でヒロインやってた篠原ともえのがよかったわ~。

しかし日程的に行かれるかどうかはともかくとして、
観に行ってチラシもらってくると観にいきたい願望がアホみたいに連鎖反応するんだよな。

-- 続きを読む --
past diary |   |  edit
真夜中の回顧録 
 2003/10/16 Thu 00:00:00
深夜1時半@一人暮らし先にて。
聞こえる時間も音色も違っていたけれど、懐かしい旋律がかすかに聞こえてきた。
チャルメラの音。


”実は、年が明けたらやめようと思っているんだ。体調悪いし、足も痛いしね。もう年だから。”
ほとんど毎晩夜の9時半にトラックでやってくるラーメン屋のおじさんがそう言ったのは、
ちょうど今ごろの季節のことだった。

それからそのおじさんの来なくなるまでの間、私は…というよりうちの家族は、
なるべくおじさんのチャルメラの音が聞こえてくるのに気がつくと買いにいくようにしていた。
それまでの”思い出”を忘れないようにするために。

我が家とラーメン屋のおじさんとの出会いは、私のまだ生まれる前、両親が実家に越してきた日のことだったそうだ。
引越しの夜、手伝いにきていた人たちとくつろいでいたときに聞こえてきたチャルメラの音に反応して、
みんなで買いに行ったのだそうだ。
よく遊びにくる叔母は、自分の家の近所には来ないチャルメラの音の物珍しさに、
お鍋を持って買うためにトラックを追いかけたこともあるそうだ。

だから、私にとっては逆にそのチャルメラの音が聞こえてくるのは物心ついたときから当たり前のことだった。
会社帰りにお土産、と言って父はよく買って帰ってきた。
母と、亡くなった祖母と4人で食べたことは小さいころから何度もあった。
小学生や中学生のころは、塾の帰りに迎えにきてくれていた母と帰宅の帰り道にまるで帰りを待っていてくれるかのように
いつもトラックが止まっていてよく買って帰った。
おとなになってからは、家族で晩酌をしていると絶妙なタイミングでチャルメラの音が聞こえてきていた。

おじさんの作るラーメンは、確かに流行りの行列のできる味というのではない。
50円割り増ししてもゆで卵が1コ余計についてくるだけの、素朴なものだった。
多分、両親が最初に食べたその日よりももっと前-そのおじさんは40年くらい店を続けてきた、と言っていた-
からほとんど変わってない味に違いない。
気取らないものだからこそ、あの音とトラックに癒されてしまっていたのだろう。

今夜で最後、という夜は、私は約束があって家にいることができなかったので、
その前の日の夜にチャルメラの音が聞こえてくるのを待ちに待って買いにいった。
”おじさん、元気でね!”
買いに行かない日でさえも、当たり前のようにそこにあった空気のようなものが消えてしまうようで、なんだかせつなかった。


その”音”が実家のほうで聞こえなくなって、来年の1月14日でちょうど2年になる。
おじさんは今ごろ、”第2の人生”を満喫しているのだろうか…

思いがけず、涙がこぼれた。

-- 続きを読む --
past diary |   |  edit
 2003/10/15 Wed 00:00:00
今さっきメールチェックしたら、
某インフォ○ークのHPスペースの用意ができましたって入っておりました。
過去日記用にとったのですが。
…いちお、アップロードのためのフリーソフトはこの前の連休にダウンロードしたんだケドねぇ。
あらためて…FTPってなんでつか?
CGI設置方法とゆわれても何言ってるんでつか?
あー宇宙語がたくさんとびかっています。
とりあえずは…
会社に転送してプリントアウトするかー☆(おいおい)

-- 続きを読む --
past diary |   |  edit
 2003/10/13 Mon 00:00:00
新居はもちろん100%満喫中であります~☆
といいたいトコロなんですが…本当は80%くらいかな。

今まで使ってい地下鉄からJRに経路変更こそあったけれど、
もともと実家と会社の途中地点にあるこのウチ。
バスで30分ほどで帰省できるところであったりします。
まーそうじゃなきゃ荷物を自分でちまちま運ぶなんて到底できないのですが。
オヤの通う病院なんかがこっちの沿線にあるので、あえて経路変更してJR沿線に住みはじめたのですが。

だからって、あなた、引っ越した早々からやってくれるなよ~。
2週間前の日曜日、ウチの母親がコケました。
たまたま服をとりに帰ったら、あんまり痛がるので
”だったら急患で医者行け~!!!”
と取りに行った荷物もまだまとめていないというのに、
なぜか新居の近くにある母親のかかりつけ病院に付き添って行ったら…
骨折れてました。しかも右手(*_*)
まー、足じゃなくてよかったんですけど。
ボルトとか仕込むほどではなかったんでよかったんですけど。

なにせ右手なモンで日常生活に支障があるようで。
おかげで、ここんとこ週2回ペースで帰省してます。
着替えとか持ってくのも面倒なんで、一度帰宅してから帰省。
こっちのほうが骨が折れるさー(+_+)

******

前々からやりたいと思っていたのですが。
ココの過去日記をカレンダー形式の日記に見やすくするの。
(自分でも前の日記探すのタイヘンなモンで。)
実は気に入ったのがあったんですよ~☆
だーけどそれ、レンタル日記スペースじゃなくて、cgiっつーヤツなんだよなー。
できんのか!?>自分
-- 続きを読む --
past diary |   |  edit
またもやジャニーズ? 
 2003/10/06 Mon 00:00:00
青山劇場にて、”ブラッド・ブラザーズ”観劇。
主演、V6の坂本くん、元光ゲンジの赤坂くん(←なんて言われてたっけ???)。
ワタシは別にジャニヲタでわないんだけどね。
演目に惹かれて誘われたら”行く!”と言ってしまいますた。
ブラッド・ブラザーズ…母校を卒業した後、後輩たちが演ったんだよ、学祭で。
そういえばそれから一度も行ってないや、母校の学祭。
毎年ガンバってたんだけどなー。
懐かしさ半分、あれーどんなハナシだったっけ?という気持ち半分で観に行きました。
あーこれこれ!こんなハナシ!この歌!!って途中でだんだん思い出してきた。
残念ながら後輩たちの作品のディテールまでは思い出せなかったけどねー。

しかし、学生の、しかも女の子が7歳の男の子役をやるのはともかく、30男がやるとはね笑。
ワイドショーでやってた”スネ毛剃り”も納得。
それから、ラストシーンで、坂本ミッキーが赤坂エディーと向き合いながら
”どうして俺たち、逆じゃなかったんだ”というセリフ。
…そりゃあそうでしょう、二人キャスティングが逆だったら、
絶対ミスキャストだ(爆)

*****

休憩をはさんで3時間という長い公演の後、渋谷でメシを食らって帰宅。
うぎゃーバスがなくなるタクシー並ぶ!
なーんて言いながら慌てて帰らなくていいのって
なーんてシアワセなコトなんだ~☆

-- 続きを読む --
past diary |   |  edit


copyright © 憧れを現実にする日常 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ

template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。