憧れを現実にする日常
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30.
スポンサーサイト 
 --/--/-- -- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 2007/05/06 Sun 20:54:55
確かに小町通りはやけにヒトが多いなと思ってた。
だけど、朝イチのお茶も買い物も、
人混み覚悟してた割には、そんな影響ないじゃーん。って感じだったのね。

ココまでは余裕だったんだケド…
さ、鎌倉駅から移動~、と思ったとたん、ありえない光景が目の前に○| ̄|_

それは江ノ電のホーム。
山手線並、ってため息を電車の中で何回聞いたか(*_*)
そして、ココで初めて知った、ホームに貼られたHanako最新号@もちろん鎌倉湘南特集…。

朝,歐林洞でお茶したときに,
右手の鶴が丘には脇目も振らずに鎌倉駅から向かったので,
実際にこんなにヒトがいるとは思わなかったわさ(苦笑)

で,ムリして回らないでだらだらのんびりと行くコトにする。


午後からだったケド1日券を買って,
長谷→極楽寺→江ノ島 と。

長谷寺の本堂までとりあえず上がってお参り。
高台になってるから,海のほうが見えるじゃない~?

前は曇ってたケドすいてはいた


これは以前撮ったモノなんですケド,
ココんトコが完全にヒトで埋まっておりました。
連休前半の日曜日,晴れてたからゴーインに前まで行けば,
ナイスビューが拝めたかもしれないけど,めんどくさいので今回はパス。

そのかわり,前回きたときはスッ飛ばした,弁天窟のほうにいきました。
多分ココに入ったのは高校生のとき以来な気がするよw
その高校生のときは何お願いしたんだか全く覚えていないんだが,
とにかく洞窟の中で
16童子のどちらさんかにろうそくをお供えするのが楽しかったのだけは思い出す。
で,どんなだったっけか~? と久しぶりに。
混み具合が,調子に乗って何本もろうそくをお供えできる状態ではなかったので
あるひとつの童子さんにお供えをしました。
ま,ワタシの性格を熟知してるヒトはドコにお供えしたかわかっちゃうんだろうな。

↓せっかく天気がよかったので1枚ぐらいお花もパチリと。

コレは大手毬


もう少し江ノ電を下るつもりで,極楽寺駅で降りる。
極楽寺と成就院へ。
あじさいの時期でないコトもあり,江ノ電の中がウソのように人がすくなかった。
こんなトコもあるのねw

でも,穴場はココだけだったようでしてw
気をよくして江ノ島へ行くと,また人ごみ。
恐ろしくて展望台には行きませんでしたが,夕焼けだけは気分に浸ってまったりと。

果たして富士山は写っているのか


観光トップシーズンはのんびりいくくらいがちょうどよかったようで。
コメント
この記事へのコメント
私のGWも新幹線で1時間弱の小旅行。
鎌倉って、行ったことないんですよ。。。
アジサイの時期に行ってみたいなぁ。
2007/05/06(日) 23:23:33
URL | kanakana #-[ 編集 ]
鎌倉かぁ~。。。
会社の旅行で立ち寄った位で、ちゃんと歩いたことなかったなぁ~。。。
そうね~、日帰り旅行も良いかも。。。
今度、一人でのんびりブラブラしてみるわっ♪♪♪
鎌倉と言えば、源氏よね♪
歴史を紐解く日帰り旅行は、秋に行こうかなっ?!
夕日がすっごくキレイみたいだからっ\(~o~)/♪♪♪
2007/05/07(月) 00:18:10
URL | なっきぃ☆ #-[ 編集 ]
中学の修学旅行で一度鎌倉に行ったけど,全くと言っていいほど記憶がない・・・青空仏像さんさえ記憶にないなんて・・・(^^;)。でも、空いてないことだけは覚えているような。都心に近くていいところだから人気あるんだろうねー。またゆっくり行き直したいヨ。
2007/05/10(木) 15:17:41
URL | ゆり #-[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://buonasperanza.blog31.fc2.com/tb.php/152-e18ae022
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック


copyright © 憧れを現実にする日常 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ

template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。