憧れを現実にする日常
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28.
スポンサーサイト 
 --/--/-- -- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
変わらないスタンス 
 2008/04/09 Wed 01:07:58
えっらい前のハナシになりますが,3/16日,
予定外にありがたく,マイミクでもあるなっきい☆先輩にお誘いいただき,
演劇集団キャラメルボックスきみがいた時間 ぼくのいく時間
を観に行きました。
(↑ストーリーは作品名のリンク先。
そして原作はコチラ)
きみがいた時間 ぼくのいく時間-タイムトラベル・ロマンスの奇跡-きみがいた時間 ぼくのいく時間-タイムトラベル・ロマンスの奇跡-
(2006/06/23)
梶尾 真治

商品詳細を見る

キャラメルの役者さん,というのはさりげなくお目にかかっているのだけど,
キャラメルの公演自体は多分,3,4年ぶりくらい。
そんなに観てなかったか~,としみじみ思いながら劇場へ。
正直数年観ない間にどう変わっているのかって
一番の楽しみなトコだったんだけれども。。。
むしろその変わらないスタンスがスゴいなぁ~,と思う。

オープニングとか,
いわゆる「語り部」が進行していく設定とか,
それからヨゴレ場面の少ないあくまで正統派を貫くところとか。
(もちろん笑いを取るシーンというのはありますけれどもw)

かといって,
役者の年齢がアップするのに,その劇団のよくやる内容の設定が合わなくなって
ちょっとコレは痛いんじゃないかなー?
って思うコトが正直たまにあったりするんだけれども。
登場人物の年齢やストーリーの設定が微妙に上方シフトして(?)
違和感のない展開にもなっているのがまたビックリ!

あらすじそのものもさることながら,
この変わらない雰囲気をおもに堪能。
それに,数年観ない間によその劇団なんかで観てきた,
キャラメルではあまり見られないハズしの一面が
ちょっとないかと期待しつつ。。。

だもんでちょいと物足りなかったのは,
3年ぶりに出演の上川サンと,相手役で客演の西山サンにスポットが当たりすぎて,
他の劇団員サンの存在感が今回薄めに感じられた。

そこまで求めるのはワガママなのかな?

終演後はサンシャインシティ内の自然食品屋サンにて。
ちょいと健康志向~。
ロールキャベツと黒米ごはん


テーマ:観劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント
この記事へのコメント
私なんて、キャラメルボックスの役者って上川隆也しか知らないからなぁ。
私みたいな舞台初心者向けに、上川隆也にスポット当たり過ぎてるんでしょうねー。
2008/04/10(木) 20:47:56
URL | kanakana #-[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://buonasperanza.blog31.fc2.com/tb.php/187-20fd2d3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック


copyright © 憧れを現実にする日常 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ

template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。