憧れを現実にする日常
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
スポンサーサイト 
 --/--/-- -- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
朝時間の人々 
 2009/04/24 Fri 20:13:29
立て続けにスタバでのネタです。
先日の新商品(グッズね)発売日のコトなんですが、
柄にもなく朝バカ早く会社にほど近いスタバに行きました。
人に頼まれていた限定タンブラーを買うために。

自分のなら起きれなくて買えなくても納得なんですが、
頼まれモノだけに人気商争奪戦はちょいプレッシャー。
事前に探りを入れたら、
人気商品は当日朝完売の時もあるんだとか。



にもかかわらず寝坊しました
起きたら朝一に行ける時間じゃなかったヽ(`Д´)ノウワァァァン
(↑お約束www)

慌てて身支度をして、電車に飛び乗り、
出勤前に寄り道。

無事に目的の品を買って、
なにせ早く出てきてるので、やっと安心して朝食も注文。

確か7:45頃。時間あるし、柄にもなく優雅なソトアサ~(・∀・)

と思ったら


席がない


なんとか1席空席を見つけて座り、辺りを見回すと、

新聞をがっつり読む人
勉強してる人
それから

朝勉強会してる人…!!!

ビジネス書だのそっち系の雑誌とかで、
朝時間活用のナントカって記事を最近よく見かけるんだケド、
ホントに実践してるヒトがこんだけいるの図は初めて見た!

っていうかその朝勉強会チーム、
その時間で朝食完食、議論白熱!
貴殿方、一体いつからココに集合してるンスかΣ(゜ロ゜;)!!
そして、私が出勤のために立ち上がる時間よりもずっと早くお開きに。
チームの散っていく方向はよく見るとバラバラ。
えー、朝から異業種交流ッスかΣ(゜ロ゜;)!!

頼まれモノ買うだけなのに寝坊した私としては、
人種の違いにかなりの衝撃。
つられて読書したり手帳広げてみたりしたんだけれども。
おかげさまで1日のシゴトがはかどったかも!?
朝時間恐るべし~。

でも翌日からは結局ギリギリまで起きられなくて(σд-)zzz
なんとか彼らのエッセンスを盗みたいモンです。
コメント
この記事へのコメント
朝にゆったりとした時間を持って、その日の仕事を確認したら、一日がスムーズに進むだろうねぇ。
(勉強するまでの気力はわかないだろうけど。。。)
それには、家でモーニングティーもいいけど、やっぱりスタバやタリーズだわ!
2009/04/24(金) 22:11:53
URL | kanakana #-[ 編集 ]
寝坊してもちゃんとゲットできてよかったね~。
スタバ、しばらく行ってないので行きたくなったな。
そういえば今は朝稽古みたいなのもあるんだってね。
朝に集まって何かするみたいなのが流行っているとは聞いていたけど、
席がないくらい人がいるのは驚きだ!
私にとって朝はボーッとする時間なので、白熱した時間の使い方は無理(^^;)。
あ、でもテニスの朝練とかだったらやれるけど(笑)。
2009/04/27(月) 14:38:12
URL | ゆり #-[ 編集 ]
>kanakanaさん
シゴトの確認、たまに早く目が覚めても、
家では絶対にできない。
カフェ中ならやろうかなって思うんだケド。
アレってなんでだろ? っていつも不思議に思いますね~。

>ゆりちゃん
駅→会社の途中にあるから、
たーまに買い物じゃなくてホントに寝坊して、
時間ないからスタバで朝ゴハンを買うコトがあるんだケド、
そういう時って余裕ないから、
席には脇目も振らずにテイクアウトなのね(^_^;)
だから席がないのに気付いた時は
ホントびっくりしたよ~。朝練も学生の時はあったはずなのに、
今は朝練集合時間に起きてるよ
2009/05/02(土) 21:48:06
URL | あゆむ #-[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://buonasperanza.blog31.fc2.com/tb.php/216-c6ac8412
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック


copyright © 憧れを現実にする日常 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ

template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。