憧れを現実にする日常
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
スポンサーサイト 
 --/--/-- -- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
とある試写会。 
 2002/10/22 Tue 00:00:00
21日。
ある試写会(あえて題名は言わない)に行った。
もらったチラシにはこの浮遊感がどうとか、とか、”ドラッグのような映画だ”って書いてあったなあ。
おっしゃるとおり変わった映画でした。
要はCGとかの技術がとても優れているらしい。
確かにチラシにはそっち方面のヒトが絶賛しているようなこと書いてあったわ。
でも私には専門外で全然わかりませーん。(あえて、おバカ口調で)
内容的にも全然わかりませんでしたー。
なんか気がついたら予告上映から本編に入ってるしー。
ストーリーに起伏がなくて、延々とどうも小難しい話をしてて。
小難しい話なのに、白っぽい画面に白い字で字幕が書いてあるから、全然字幕読めませ―ん!
チラシのいうところの”浮遊感”のせいで、目が疲れるのよー。スクリーン見てられないじゃないの~!
…そう思ったら、この会場にいる人たちがどんな様子なのか、気になりはじめちゃいました♪
いい感じで後ろのほうの席だったので、人間チェック開始☆
途中で席を立って、トイレにでも行ってたかまた戻ってくる人。
何列か前で思いっきり斜めになって寝こけるおばちゃん(でも端の席なのに出ようとはしない)。
紙袋をごそごそやって何か食べる人(これは音だけ聞こえた)。
”私、寝るから!”と宣言して肩をもたれあって爆睡するカップル。
それから、途中で帰る人、多数。
実は私も、人間チェックに飽きてきたところで、撤収。
出てきて出入り口のドア閉めたとたんにあまりの試写会に大爆笑しちゃいました!
それから、受付のところにいるお姉さん、なんか黙々と作業しているようだけど、こんなに人が途中でてできちゃってどう思ってるんだろう?
受付のすぐ外、入り口にはまるで外に出てはいけないみたいに”ただいま満席です”の看板が道をふさいであった。
それらが目に入るとさらに大爆笑!
逆に違った意味でテンションあがりっぱなしになってしまったわ。
”ドラッグのような映画”ウソではなかったらしい。

ちなみにこの映画、単館上映ならしいので、よほどのことが無い限り知らないで見に行ってしまうことはないんじゃないかと思いますよ!

あゆむ 2004年07月06日(火)01:38
さとき :映画は入り込めないと地獄の2時間だよね。バカ受けだった「少林サッカー」系で学園もの映画ができたそうです。気になるでしょ?! [Delete]

あゆむ 2004年07月06日(火)01:39
さときさん:ちょっとちょっと何よ~、その映画!意味深発言してないで教えてっ☆

あゆむ 2004年07月06日(火)01:41
さとき :題名は「火山高」(?)。教師の投げるチョークを寸止めする生徒!ワイヤーアクションが炸裂!某めざましTVで紹介してました。なお、あらすじは全く分かりません(笑) [Delete]

past diary |   |  edit


copyright © 憧れを現実にする日常 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ

template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。