憧れを現実にする日常
 1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31.
スポンサーサイト 
 --/--/-- -- --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
退職願い 
 2002/07/16 Tue 00:00:00
向かいの席の同僚が、体調を崩して先月から休んでいる。

上司は様子がどうか時々聞いているようだったけど、具合はよくなってるのかどうか、とにかくこっちに話をしてくれないので、全然その後の様子が聞こえてこなかった。
休む前には少し余裕があったようだったけど、具合よくなかったのかなあ?
彼女自分のことあんまり話すほうじゃないから、つらいこと内に秘めてるうちにつらくなっちゃったのかなあ?
みんな心配してるんだからさ、わかる話は教えてよ。
っていうか、仕事的にだって、今後どうするか考えなきゃいけないんだから、話さないのも問題だよ。
…そんな話が日課になっていた。

それが、打ち合わせと称して集められ、このまま退職することになった、とのこと。
上としては考え直してもらいたかったけど、本人の意思を尊重したとのこと。
具合は少しずつよくなっているけど、やっぱり長時間の外出はできないから。
こうなってしまったのは会社が原因じゃない。でも…、今までの生活を全て変えて、1からやり直したい。
皆さんには迷惑かけてごめんなさい、って。

突然のことだったからすごいショックだったなあ。
もちろん自分の身の回りで実際にこういうことが起こったの初めてだし。
それに確かに自分のことあまり話す彼女ではいんだけど、毎日顔をあわせていたわけだし、少しは私たちが気持ちをやわらげてあげること、できなかったのかなあ。
なんだか切なくなった。
でもいつか、時が彼女を癒してくれた後で、笑顔で会えるといいなあ。

past diary |   |  edit


copyright © 憧れを現実にする日常 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ

template by http://flaw.blog80.fc2.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。